503エラー

運営しているサイトに503エラーが頻発し困っている

503エラーとは

503エラーとは、WEBサイトに多くの人からアクセスが集中し、WEBサイトが一時的に閲覧できない状態、またはサイト閲覧がしにくい状態のことを言います。こう様になると、アクセス数も下がり、せっかくの訪問者を逃してしまいます。

例えば、ショップがオープンすると来店者が集中するため、事前に入場券を配ったりして入場制限をします。WEBの世界でもアクセスが集中すると503エラーを出し、閲覧できる人数を制限しているのです。

このように503エラーの対策ですが、運営しているサイトに503エラーが出るまたは、頻発している場合は、503エラーがでないよう対策をする必要です。

503エラーの対策方法

対策その1

レンタルサーバー会社に問い合わせして原因を聞く。または同時接続数などの設定を変更してもらう。

対策その2

レンタルサーバーのプランをグレードアップ!

レンタルサーバーのプランを、月額500円のプランを借りているのであれば、プランアップして月額1,500円に変更したりすることです(ECサイト運営中に、かなりアクセスが集中するサイト運営の場合)。

(専用サーバーについては「法人向けレンタルサーバー比較【2020最新】」の記事を参照ください)

例えば、10万円以下のノートパソコンと、30万円以上のプロ用パソコンでは、処理速度が早いのはどちらと思いますか?。一目瞭然!30万円以上のプロ用パソコンです。

これによりアクセス数も上がり、せっかくのチャンスを逃しません。

関連記事

  1. WordPressの不正アクセスやWeb改ざんを防ぐ対策について

  2. Xサーバー、ログイン通知の導入でセキュリティ強化。

  3. ロリポップ!エンタープライズプランのスペックアップデート。

  4. エックスサーバーがプラン名を変更。10月4日より

  5. さくらのVPS10周年キャンペーン実施中

  6. さくらインターネット。2022年2月約5倍速くなった新サーバーリリース…

PAGE TOP