法人向けレンタルサーバーをお考えの方に
個人のアルバムサイト設営に低価格レンタルサーバー
遅いですかWordPress?早く表示するためのチェックポイント
アフィリエイト向けレンタルサーバーに最適。マルチドメイン・データベース・メールアドレス、すべて無制限。
ワードプレス向きサーバーに引越する。CMS導入のメリット

「WordPress向け」「法人向け」「低価格」「アフィリエイト向け」「独自SSL無料」のタイプ別でレンタルサーバーを紹介

レンタルサーバー比較のトップページでは、

WordPressおすすめレンタルサーバー比較【初心者向け】
法人向けおすすめレンタルサーバー比較【初級編】
低価格おすすめレンタルサーバー比較【初心者向け】
アフィリエイト向けレンタルサーバー比較【初級編】
独自SSL無料おすすめレンタルサーバー比較【初級編】
の5タイプでレンタルサーバーを総合で表示。初めてレンタルサーバーを利用する初心者の方から個人・アフィリエイター、運用コストを抑えた法人向けまで利用コスト、ディスク容量、使いやすさをまとめましたのでご参考にしてください。

WordPressおすすめレンタルサーバー比較【初心者向け】

WordPressおすすめレンタルサーバー比較【初心者向け】

WordPressでブログやホームページを始めようと思った時に、レンタルサーバー会社はどこが良いのか選部のに迷うと思います。そこでとにかく安く利用できるレンタルサーバー会社にしようと考えてる「あなた」!

WordPress専用のレンタルサーバーを選ぶ基準として

「大量アクセスに強い」「高速で快適」な動作環境。「インストールも簡単」使いやすい機能を多数備えたWordPress専用のレンタルサーバーがたくさんラインナップしていて、どれを選んがら良いのか迷ってしまいそうですね。長い運用、高品質のサーバー環境を、底コストで利用したいものです。
WordPress向けレンタルサーバー比較サイトでは、Webサイトを管理・運営、選ぶ時におさえておきたい比較ポイントをまとめました。

WordPress向けレンタルサーバーを選ぶポイント

WordPress向けレンタルサーバーを選ぶポイントは以下のように8つの選ぶポイントがあります。詳しくは「WordPress向けレンタルサーバー比較」ページで紹介しておりますのでご覧ください。

1 WordPress(ワードプレス)とは
2 WordPressの自動インストールに対応
3 レンタルサーバーの安定性・速度
4 設置できるWordPressの数(マルチドメインとMySQLの利用可能数)
5 転送量(多いほど負荷に強い・落ちない)
6 セキュリティ対策
7 バックアップ体制
8 管理会社のサポート体制

WordPress向けレンタルサーバーを選ぶポイント【初心者向け】にポイントを3つにまとめましたのでご覧ください

1 WordPressの自動インストールに対応いるか

WordPressの自動インストールに対応。これって初心者には、結構一番重要かもしれません。
レンタルサーバー会社のサービスによっては、簡単な操作(ほぼ自動)でWordPressをインストールできるレンタルサーバーがあります。
導入に慣れない初心者にとっては非常にありがたい仕様です。また手動でインストールも意外と手間がかかります。
これからWordPressを始める初心者には大変便利は機能となります、必ずあるかどうかをレンタルサーバー導入の際、チェックするといいでしょう。

2 レンタルサーバーの安定性・速度は大丈夫か

レンタルサーバーは、常に安定して使えることと、ホームページの表示速度が早いことが大切です。

なぜかと言うと、特にアフェリエイトなどブログを運営をしているのであれば、表示速度が遅いと、せっかくのお客様が諦めて離脱してしまいます。ということでなるべく安定性と表示速度の速いものを選ぶように比較してみましょう。

簡単に安定性がチェックできるのが、レンタルサーバー会社が公表している稼働率で、
「稼働率99.9%以上」などと記載されています。

この数字が高ければ高いほど、サーバーが止まっている時間が少なかったということになります。

また、公式サイト上には、サーバーの障害情報が掲載されていますので、どんなトラブルがどの程度の頻度で発生しているか確認と、あまりに頻繁に発生しているということは、安定性はあまり高くないと言えます。

目安として下記のような表示を参考に選ぶといいでしょう。

3 設置できるWordPressの数(マルチドメインとMySQLの利用可能数)はいくつできるのか

レンタルサーバーで数多くのブログを運営したいとお考えなら、注意しておきたいマルチドメインとMySQLの利用可能数です。

マルチドメインとは独自ドメインを複数設定できるという意味です。
マルチドメインの数=設定できる独自ドメインの数を表しています。

MySQLとはブログの更新情報やデザインの設定などのデータを格納しておく、「データベース」の一種。
形としては、WordPress1つに対してMySQL1つ利用します。
MySQLが1つでも複数のWordPressをインストールできますが、データの管理が難しくなるのでWordPress1つに対してMySQL1つが理想です。
格納しておくデータが増加・複雑化して、MySQLの動きが重くなりサイトの表示スピードが遅くなるリスクが発生します。

独自ドメインを取得して運用できるのであれば、レンタルサーバーを移転することになっても同じドメインを使う事が出来るのでオススメです。
同じドメインならURLが変わらないので、移転前まで得られたアクセスやSEOの効果も持続させることができます。

マルチドメインに対応しているサーバーなら、サーバーをひとつ借りればいくつもの違うサイトを同じサーバー上で運営する事ができます。
さらに、サイトの数に見合ったMySQLの利用可能数があれば、快適な運用が出来るでしょう。
将来的にサイトの数が増える場合も考えて、利用可能なマルチドメインとMySQL数をあらかじめチェックしましょう。

初心者向けWordPressが利用できるレンタルサーバー

① さくらのレンタルサーバ スタンダードプラン

初心者が低価格でスタートできる月額524円! 容量も十分の100GB。さくらのレンタルサーバ スタンダードプラン。WordPressが使える人気No.1プラン。無料SSLにも対応!。さくらインターネットは創業20年と利用件数45万の快適かつ安心してご利用できる高品質なネットワーク環境、国内最大級のバックボーンで、日本国内の代表的な大手ISPと接続を行い、高い安定性は高評判。
◆月額524円〜
◆容量100GB〜
◆マルチドメイン
◆WordPressやEC-CUBEなどのアプリを無料で簡単インストール(最短2分)
◆独自無料SSL
◆PHP7導入、高速Webサーバーnginx導入等によりWordPressが従来より最大16倍に高速化
■無料お試し期間:14日

レンタルサーバー 月額利用料 初期費用 サーバー容量 マルチドメイン WordPress
スタンダード 524円 1,048円 100GB 100 20

さくらのレンタルサーバについて詳しくはこちら

② ロリポップ!レンタルサーバー ライトプラン

ロリポップ!レンタルサーバーでのベンチマークテストでは、WordPressを利用したWebサイトにおいて、従来の環境と比較し24倍(※)のパフォーマンスの改善。
コンテンツキャッシュ機能を活用することで、これまで課題とされていたWordPressでのサイト表示の遅延解消やサーバーの負荷軽減が期待できるため、機会損失を避けたい方にもピッタリの機能です!
ロリポップ!なら、他のレンタルサーバーにはない安定した速さでWebサイト・ブログを運営できます。国内最大級の利用者数170万人の方が利用している安心・安定のレンタルサーバー 『ロリポップ!』
◆月額250円〜
◆容量50GB〜
◆WordPress簡単インストール
◆メールのお問合せは24時間365日
無料お試し期間:10日

レンタルサーバー 月額利用料 初期費用 サーバー容 マルチドメイン WordPress
ライト 300円×12 1,500円 50GB 50 1

ロリポップ!レンタルサーバについて詳しくはこちら

mixhost

③ クラウド型レンタルサーバー【mixhost】スタンダードプラン

WordPressが快適に使える!表示速度満足度No.1の高性能クラウド型レンタルサーバー【mixhost】
最新のSSDハイスペックサーバーを使用でき、PHP7、MySQLや無料独自SSL、アクセス解析、Webメールなどを初期費用無料で月額880円(価格は36ヶ月契約の場合・税別)から利用できます。稼働率99.99%の安定性、国内最大級の高速バックボーンに10Gbpsで直結。

◆月額880円(税別・スタンダードプラン36ヶ月契約)
◆容量250GB
◆マルチドメイン・メールアドレス無制限
◆サーバー稼働率99.99%以上の安定性
◆無料SSL標準
無料お試し期間:30日

レンタルサーバー 月額利用料 初期費用 サーバー容 マルチドメイン WordPress
スタンダード 880円×12 0円 250GB 無制限 無制限

クラウド型レンタルサーバー『mixhost』について詳しくはこちら

法人向けおすすめレンタルサーバー比較【初級編】

法人向けおすすめレンタルサーバー比較【初級編】

法人の企業サイトを制作するうえで欠かせないのがレンタルサーバーです。法人としてレンタルサーバーを利用する場合の、選び方や注意しておきたい最初のポイントを紹介します。

法人向けレンタルサーバーを選ぶ基準として

選ぶ基準として、法人の企業サイトやネットショップのデータや通信を守り、安全なホームページ、ウェブサイト運用ができることが大前提としております。

法人向けレンタルサーバーを選ぶポイント

法人向けレンタルサーバーを選ぶポイントは以下のように7つの選ぶポイントがあります。詳しくは「法人向けレンタルサーバー比較」ページで紹介しておりますのでご覧ください。

1 利用目的
2 レンタルサーバーの維持費
3 レンタルサーバーの種類
4 レンタルサーバーの安定性・速度
5 セキュリティ体制
6 自動バックアップ機能
7 レンタルサーバー会社のサポート体制

法人向けレンタルサーバーを選ぶポイント【初級編】にポイントを3つにまとめましたのでご覧ください

1 利用目的で選ぶ

レンタルサーバーは、利用目的によって最適な容量や転送量などが異なります。

法人の企業サイトの制作するための利用が多いですが、ショッピングサイトや動画で企業紹介するサイトも近年増えてきて「YOUTUBE」用などを作る場合もあります。

会社の紹介やアクセスマップ、採用情報などを掲載するだけなら、大きな容量や転送量は必要ありません。

2 レンタルサーバーの維持費で選ぶ

レンタルサーバーを決める・選ぶ大きなポイントとして維持費。やはり年間の予算もあることから維持費を一番に気にすることでしょう。

ただし、コスト面ばっかり気にすると、安すぎるレンタルサーバーは何か問題がある、何かしらの理由があると考えておいたほうがよいと思います。どうしてもトラブルになったときに対応力は料金と相関関係にあると個人的には思っているので漠然と安さだけを求めるのは避けたほうが良いと思います。

3 セキュリティ体制は万全か

企業サイトは、一般の個人サイトよりも重要な情報を管理しているため、攻撃の対象になりやすいと言わせております。

そこでまずは、独自SSLをチェックしましょう。

レンタルサーバーのセキュリティ対策は、基本的には独自SSLは揃っているのですが、タイプによっては有料オプションとなっているものもあります。
また、セキュリティというよりはサポート寄りかもしれませんが、「何か問題が起きた時にすぐ対応」といったレンタルサーバー会社の方が、使用している企業にとっては大事なセキュリティサポートとなります。

SSLをもっと知りたい方へ!おすすめ記事は
独自SSL無料サーバー比較

その他にも、不正侵入を検知や防止に役立つ「IDS・IPS」やWEBアプリケーションをターゲットにした攻撃を阻止する「WAF」もあります。サイトの不正な改ざんを検知する機能などもあるので、さらにセキュリティを強化したい場合はご検討ください。

法人向け【初級編】が利用できるレンタルサーバー

① レンタルサーバー【ConoHa WING】ベーシックプラン

ConoHa WING(このはウィング)は国内最速の高性能レンタルサーバーサービス。定額制で転送量無制限の採用で、料金も抑えられます。

2020年1月21日(火)より、レンタルサーバー通常料金より最大33%オフにより、月額800円で利用できる長期利用割引プラン「WINGパック」。「WINGパック」は、ホームページ作成するのに必要なレンタルサーバーと独自ドメインがセットになったお得なパックで「WINGパック」の契約が継続している間は独自ドメインの更新料金は0円、永久無料で利用できます。

◆月額1,200円
◆容量200GB SSD
◆マルチドメイン無制限
◆電話サポートあり!専任スタッフが対応
◆独自無料SSL、初期費用無料
■無料お試し期間:14日

レンタルサーバー 1時間料金/月額最大利用料 初期費用 サーバー容量 転送量/月 独自無料SSL
ベーシック 2円/1,200円 無料 200GB 2.5TB 無料

レンタルサーバー【ConoHa WING】ベーシックプランについて詳しくはこちら

② エックスサーバー X10スタンダードプラン

エックスサーバーは、高い安定性のサーバー稼働率99.99%以上!大切なデータが消失守る『自動バックアップ』機能に標準対応!!
高性能なサーバーをお手ごろ価格で利用できる人気のレンタルサーバー。 個人、法人の方によく利用されています

ドメイン永年無料キャンペーン!
対象のサーバーアカウントをご契約すると、独自ドメイン(.com/.net/.org/.biz/.info/.xyz/.link/.click/.blogからいずれか)を1個進呈!
今回ご契約のサーバーをご利用の間は、進呈したドメインの更新費も無料!他社からのドメインの移管でもOK!

◆月額1,000円〜
◆容量200GB、マルチドメイン・メールアドレス無制限
◆サーバー稼働率が99.99%以上という、常に安定したサーバー環境を実現
◆お問合せは24時間365日
無料お試し期間:10日

レンタルサーバー 月額利用料 初期費用 サーバー容量 マルチドメイン 独自SSL
X10スタンダード 1,000円×12 3,000円 200GB 無制限 無料

レンタルサーバー『エックスサーバー』について詳しくはこちら

③ レンタルサーバー「WADAX」TYPE Bプラン

ビジネス用レンタルサーバーとして最強。セコムが不正アクセスを24時間監視 ウイルスチェックが全サービス無料の「レンタルサーバーWADAX」
万全のセキュリティと、365日無料サポートを兼ね備えたWADAX(ワダックス)の共用サーバー。ストレージに超高速SSDを標準装備することで、高速で快適なサーバー環境も実現しています。

◆月額1,210円(12ヶ月ごとの契約)
◆ウイルスチェックが全サービス無料
◆セコムトラストシステムズ 大規模DoS/DDoS攻撃防御
◆無料SSL標準提供
◆フリーダイヤルによる電話サポートが深夜まで対応
無料お試し期間:30日

レンタルサーバー 月額利用料 初期費用 サーバー容 マルチドメイン WordPress
スタンダード 1,210円×12 3,300 20GB 1個 1個

レンタルサーバー「WADAX」について詳しくはこちら

低価格おすすめレンタルサーバー比較【初心者向け】

低価格おすすめレンタルサーバー比較【初心者向け】

趣味のサイトの設営からブログなど、初心者から初めてアフィリエイターのための低価格レンタルサーバーを選ぶためのポイントをまとめました。

低価格レンタルサーバーを選ぶ基準として

手軽に趣味のホームページを作りたい方には、あまりコストを掛けずに利用できる「低価格レンタルサーバー」がおすすめ。何と言ってもまずはコストを抑えた低価格で利用できるレンタルサーバーをピックアップして紹介します。基本的な機能も充実している低価格レンタルサーバーです。

低価格レンタルサーバーを選ぶポイント

低価格レンタルサーバーを選ぶポイントは以下のように6つの選ぶポイントがあります。詳しくは「低価格レンタルサーバー比較」ページで紹介しておりますのでご覧ください。

1 レンタルサーバーとは
2 レンタルサーバーの維持費
3 レンタルサーバーの種類
4 サイトの規模に合ったレンタルサーバー
5 レンタルサーバーのスペック
6 管理会社のサポート体制

低価格レンタルサーバーを選ぶポイント【初心者向け】にポイントを3つにまとめましたのでご覧ください

1 レンタルサーバーの維持費

レンタルサーバーを決める・選ぶ大きなポイントな何と言っても維持費。やはり年間の予算もあることから維持費を一番に気にすることでしょう。

2 サイトの規模に合ったレンタルサーバーを選ぶ

レンタルサーバーを決める・選ぶ1番大きなポイントとなる「サイトの規模に合ったレンタルサーバーを選ぶ」。実際レンタルサーバーを利用して何を始めたいのか。

例えば、価格面ばかり気にして、写真の紹介サイトを作るとします。写真データはサーバーの容量を使用しますので、100GBぐらいの容量の大きなレンタルサーバーが必要です。アフェリエイトしておこずかいを貯めようとお考えなら商品紹介のブログサイトにするのならWordPressが利用できた方が良いとか色々悩むところでしょう。ただし、コスト面ばっかり気にすると、安すぎるレンタルサーバーは何か問題がある、何かしらの理由があると考えておいたほうがよいと思います。トラブルになったときに対応力は料金と相関関係にあると個人的には思っているので漠然と安さだけを求めるのは避けたほうが良いと思います。

3 管理会社のサポート体制はどうか

レンタルサーバーは、気を付けていてもサーバーが落ちてしまうなどのトラブルは起きてしまいます。

そのために、サポート体制を確認しておく必要があります。

トラブルが起きないようにすることも大切ですが、起きたあとに迅速に対応するのも大切です。

SSLをもっと知りたい方へ!おすすめ記事は
独自SSL無料サーバー比較

低価格で利用できるおすすめレンタルサーバー

① レンタルサーバー【リトルサーバー】ミニプラン

【リトルサーバー】は、SSDサーバーでWordPressが使えて、月額料金はなんと150円!驚異的な低価格と、平均以上の性能を備えたコストパフォーマンスを徹底追及したレンタルサーバーです。

2019年12月21日より、リトルサーバー全プランにおきましてPHP7.4の供用を開始されました。

◆月額150円
◆容量20GB SSD
◆マルチドメイン無制限
◆WordPressをコンパネから簡単にインストール
◆独自無料SSL
■無料お試し期間:20日

レンタルサーバー 月額利用料 初期費用 サーバー容量 独自ドメイン 独自無料SSL
ミニプラン 150円×12 920円 20GB 無制限 無料

レンタルサーバー【リトルサーバー】ミニプランについて詳しくはこちら

② クラウド型SSDレンタルサーバー【JETBOYレンタルサーバー】 ミニSSDプラン

JETBOYレンタルサーバーは、なんと月額290円で利用できる国内向けハイスペックSSDクラウド型レンタルサーバー。WEBサーバーにLiteSpeedエンタープライズを実装したとにかくサイトレスポンスが高速です。

◆月額290円
◆容量200GB、マルチドメイン・メールアドレス無制限
◆サーバー稼働率が99.99%以上という、常に安定したサーバー環境を実現
◆お問合せは24時間365日
無料お試し期間:14日

レンタルサーバー 月額利用料 初期費用 サーバー容量 マルチドメイン 独自SSL
ミニSSDプラン 290円×12 1,000円 512MB 10 無料

クラウド型SSDレンタルサーバー【JETBOYレンタルサーバー】について詳しくはこちら

③ レンタルサーバー「カラフルボックス」BOX1プラン

カラフルボックスは、申込後のプラン移動がかんたんに可能! あらゆる運用規模に対応できる柔軟性が特徴です。初心者も迷わずスタートできる「かんたん操作のコントロールパネル」!初心者でも迷わず使えるよう高度に設計された操作性が特徴です。

◆月額480円(36ヶ月ごとの契約)
◆容量100GB〜
◆次世代Webサーバー「LiteSpeed」搭載
◆マルチドメイン・メールアドレス、すべて無制限
◆無料SSL標準提供
◆ライブチャット・電話・メールに対応した安心のサポート体制
無料お試し期間:30日

レンタルサーバー 月額利用料 初期費用 サーバー容 マルチドメイン 独自SSL
BOX1 580円×12 無料(3ヶ月以上の契約) 100GB 無制限 無料

レンタルサーバー「カラフルボックス」について詳しくはこちら

アフィリエイト向けレンタルサーバー【初級編】

アフィリエイト向けレンタルサーバー【初級編】

趣味のサイトの設営からブログなど、アフィリエイターのための「アフィリエイト向けのレンタルサーバーを選ぶためのポイント」をまとめました。

アフィリエイト向レンタルサーバーを選ぶ基準として

ネットビジネスの代表格とも言えるアフィリエイト。述べ387万人のアフィリエイターがいるとの結果を発表しています。(株式会社もしもが2011年調査)
その市場規模は、年々拡大の一歩を辿っています。
初心者、主婦、サラリーマンの副業からでも始められるという参入し易いことから、これから始める人も続々と増えています。
アフィリエイトを始めるには、一般のブログからでも始められますが、管理者の経験からレンタルサーバーを契約して始めた方が後々いいように思えます。
そのレンタルサーバー選びに迷っている人も多いでしょう。そこで「アフィリエイト向けレンタルサーバー【初級編】」で紹介して行きます。

アフィリエイト向けレンタルサーバーを選ぶポイント

アフィリエイト向けレンタルサーバーを選ぶポイントは以下のように5つの選ぶポイントがあります。詳しくは「アフィリエイト向けのレンタルサーバー比較」ページで紹介しておりますのでご覧ください。

1 アフィリエイトとは
2 レンタルサーバーの維持費
3 レンタルサーバーの種類
4 IP分散型サーバーとは
5 管理会社のサポート体制

アフィリエイト向けレンタルサーバーを選ぶポイント【初級編】にポイントを3つにまとめましたのでご覧ください

1 レンタルサーバーの維持費

レンタルサーバーを決める・選ぶ大きなポイントな何と言っても維持費。やはり年間の予算もあることから維持費を一番に気にすることでしょう。ということで月額500円以下で利用できて、さらに高性能なサーバーをチョイスしました、

2 サイトの規模に合ったレンタルサーバーを選ぶ

レンタルサーバーを決める・選ぶ1番大きなポイントとなる「サイトの規模に合ったレンタルサーバーを選ぶ」。実際レンタルサーバーを利用して何を始めたいのか。

例えば、価格面ばかり気にして、写真の紹介サイトを作るとします。写真データはサーバーの容量を使用しますので、100GBぐらいの容量の大きなレンタルサーバーが必要です。アフェリエイトしておこずかいを貯めようとお考えなら商品紹介のブログサイトにするのならWordPressが利用できた方が良いとか色々悩むところでしょう。ただし、コスト面ばっかり気にすると、安すぎるレンタルサーバーは何か問題がある、何かしらの理由があると考えておいたほうがよいと思います。トラブルになったときに対応力は料金と相関関係にあると個人的には思っているので漠然と安さだけを求めるのは避けたほうが良いと思います。

3 管理会社のサポート体制はどうか

レンタルサーバーは、気を付けていてもサーバーが落ちてしまうなどのトラブルは起きてしまいます。

そのために、サポート体制を確認しておく必要があります。

トラブルが起きないようにすることも大切ですが、起きたあとに迅速に対応するのも大切です。

SSLをもっと知りたい方へ!おすすめ記事は
独自SSL無料サーバー比較

アフィリエイト向けおすすめレンタルサーバー

① クラウド型SSDレンタルサーバー【JETBOYレンタルサーバー】 ミニSSDプラン

JETBOYレンタルサーバーは、なんと月額290円で利用できる国内向けハイスペックSSDクラウド型レンタルサーバー。WEBサーバーにLiteSpeedエンタープライズを実装したとにかくサイトレスポンスが高速です。

◆月額290円
◆容量200GB、マルチドメイン・メールアドレス無制限
◆サーバー稼働率が99.99%以上という、常に安定したサーバー環境を実現
◆お問合せは24時間365日
無料お試し期間:14日

レンタルサーバー 月額利用料 初期費用 サーバー容量 マルチドメイン 独自SSL
ミニSSDプラン 290円×12 1,000円 512MB 10 無料

クラウド型SSDレンタルサーバー【JETBOYレンタルサーバー】について詳しくはこちら

② レンタルサーバー「カラフルボックス」BOX1プラン

3ヶ月以上の契約なら「初期費用無料!」カラフルのレンタルサーバーなら、申込後もプラン変更がかんたんにできるので、複数のサイト運営で容量が足りなくなったら1つ上のプランに変更できます。初心者アフィリエイターでも迷わず使えるよう高度に設計された操作性が特徴です。

◆月額480円(36ヶ月ごとの契約)
◆容量100GB
◆WordPressをより高速・安全に表示。次世代Webサーバー「LiteSpeed」搭載
◆マルチドメイン・データベース・メールアドレス、すべて無制限
◆無料SSL標準提供
◆ライブチャット・電話・メール、すべてに対応した安心のサポート体制
無料お試し期間:30日

レンタルサーバー 月額利用料 初期費用 サーバー容 マルチドメイン WordPress
BOX1 480円×36 無料(3ヶ月以上の契約) 100GB 無制限 無制限

レンタルサーバー「カラフルボックス」について詳しくはこちら

③ レンタルサーバー【リトルサーバー】ミニプラン

【リトルサーバー】は、SSDサーバーでWordPressが使えて、月額料金はなんと150円!驚異的な低価格と、平均以上の性能を備えたコストパフォーマンスを徹底追及したレンタルサーバーです。

2019年12月21日より、リトルサーバー全プランにおきましてPHP7.4の供用を開始されました。

◆月額150円
◆容量20GB SSD
◆マルチドメイン無制限
◆WordPressをコンパネから簡単にインストール
◆独自無料SSL
■無料お試し期間:20日

レンタルサーバー 月額利用料 初期費用 サーバー容量 独自ドメイン 独自無料SSL
ミニプラン 150円×12 920円 20GB 無制限 無料

レンタルサーバー【リトルサーバー】ミニプランについて詳しくはこちら

独自SSL無料おすすめレンタルサーバー比較【初級編】

独自SSL無料おすすめレンタルサーバー比較【初級編】

SSL化とは、個人情報などを入力するフォームページだけではなく、サイト全体をSSL化してしまい、ブラウザからアクセスする場合は常にSSL接続で閲覧してもらう方法。常時SSL化はセキュリティ強化だけでなく、ユーザとウェブサイト運営者の双方にさまざまなメリットがあります。また、SSLによる暗号化を行いサイトを保護すれば、第三者からデータを盗み見られたり、改ざんされるリスクを防ぐことができます。

独自SSL無料レンタルサーバーを選ぶ基準として

独自SSL利用のメリット
SSLを利用することで、セキュリティリスクへの対応と機会損失の防止、
Webサイト分析への活用といったメリットが得られます。
セキュリティリスクへの対応
SSL化されたWebサイトはインターネット上でのデータの通信が暗号化されているため、
なりすましや盗聴、Webサイトのデータ改ざんのリスクに対抗することができます。

独自SSL無料レンタルサーバーを選ぶポイント

独自SSL無料レンタルサーバーを選ぶポイントは以下のように5つの選ぶポイントがあります。詳しくは「独自SSL無料レンタルサーバー比較」ページで紹介しておりますのでご覧ください。

1 独自SSLとは
2 無料SSL証明書とは
3 Let's Encryptの発行するSSL証明書
4 SSL証明書の自動更新に対応
5 無料SSL証明書はLet's Encryptだけなのか?

独自SSL無料レンタルサーバー比較を選ぶポイント【初級編】にポイントを3つにまとめましたのでご覧ください

1 独自SSLとは

SSL(Secure Socket Layerの略)は、米Netscape社が開発したインターネット上で情報を暗号化し、送受信できるプロトコルです。 サーバとクライアントPC間でお問い合わせ情報などの機密性の高い情報を安全にやり取りできる方法を言います。
独自SSLは、https://お客様のドメイン.com/ というような形でセキュアなサイトを構築できます。独自SSLの場合、証明書が必要となるため、ブログや個人HPなどSSL証明書を用途に応じて利用設定できます。

2 無料SSL証明書とは

レンタルサーバーの標準機能と言っても過言ではないほど、近年急速に無料SSL機能が普及してきました。実はレンタルサーバーを提供している会社側がSSL証明書を無償提供しているだけで、利用しているSSL証明書や認証局は様々であり、当然コストが発生している可能性もあります。今回はその中でも最もレンタルサーバーで利用できる「Let’s Encrypt」について紹介します。

無料のSSLサーバー証明書(以下、SSL証明書)であるLet’s Encryptは、米国の非営利団体であるISRG(Internet Security Research Group)により運営されています。全てのWebサイトを暗号化することを目指したプロジェクトであり、2019年6月現在では世界で1億枚以上の有効な証明書を発行しています。

非営利団体ということで財務基盤に不安を覚える方もいるかもしれませんが、現在ではFacebookやシスコシステムズ、Akamai Technologies、Verizonといった数多くの大手企業に支えられています。当社さくらインターネットも、2017年よりシルバースポンサーとして資金提供を行っています。

3 Let's Encryptの発行するSSL証明書

Let’s Encryptでは、90日間有効なDV(Domain Validation)SSL証明書を2つの認証方式(ドメイン認証、DNS認証)で提供しています。SSL証明書は無料で提供されていますが、暗号強度などは一般的に販売されているSSL証明書と違いはありません。無料証明書と有料証明書の違いについて知りたい方は、こちらの『無料証明書と有料証明書の違い』をご覧ください。

Let’s EncryptのSSL証明書発行システムの大きな特徴は、ACME(Automated Certificate Management Environment)プロトコルと呼ばれるSSL証明書を自動発行する仕組みを利用している点です。他の認証局とは異なり、認証してから数秒でSSL証明書が発行され、すぐにサーバーへデプロイできるという非常に高度なSSL証明書発行インフラを運用しています。

管理者(root)権限のあるサーバーでLet's Encryptを利用する場合は、一般的にcertbotなどのアプリケーションが利用されています。事前にスクリプトが定期的に実行されるように設定しておけば、レンタルサーバーの無料SSL機能と同様の自動更新が比較的簡単に実現できます。以下のようなコマンドを入力して、質問(Webサイトのドキュメントルートディレクトリなど)に答えるだけで簡単にSSL証明書が発行されます。現在、多くのサーバーOSで利用できるようになっていますので、管理者権限のあるサーバーを持っている方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

3 管理会社のサポート体制はどうか

レンタルサーバーは、気を付けていてもサーバーが落ちてしまうなどのトラブルは起きてしまいます。

そのために、サポート体制を確認しておく必要があります。

トラブルが起きないようにすることも大切ですが、起きたあとに迅速に対応するのも大切です。

独自SSL無料おすすめレンタルサーバー

① 独自SSL無料対応「さくらのレンタルサーバ スタンダードプラン

Let's Encrypt(レッツエンクリプト)は独自ドメインがあれば誰でも発行できる無料のSSLサーバー証明書です。発行スピードも早く「さくらのレンタルサーバ」のコントロールパネルからボタンワンクリックで簡単に設定できます。即日発行で自動更新と面倒な作業は一切必要ありません。また有料の証明書と暗号化強度において違いはありませんので安心してお使いいただけます。
◆月額524円
◆容量100GB
◆マルチドメイン100個
◆無料SSL「Let's Encrypt」自動更新対応
■無料お試し期間:14日

レンタルサーバー 月額利用料 初期費用 サーバー容量 無料SSL SSL更新
スタンダード 524円 1,048円 100GB Let's Encrypt 自動対応

さくらのレンタルサーバについて詳しくはこちら

② エックスサーバー X10スタンダードプラン

エックスサーバーは、高い安定性のサーバー稼働率99.99%以上!大切なデータが消失守る『自動バックアップ』機能に標準対応!!
高性能なサーバーをお手ごろ価格で利用できる人気のレンタルサーバー。 個人、法人の方によく利用されています

※取得したSSLサーバー証明書は当サービスでのみ設定可能です。
対象のサーバーアカウントをご契約すると、独自ドメイン(.com/.net/.org/.biz/.info/.xyz/.link/.click/.blogからいずれか)を1個進呈!
今回ご契約のサーバーをご利用の間は、進呈したドメインの更新費も無料!他社からのドメインの移管でもOK!

◆月額1,000円〜
◆容量200GB、マルチドメイン・メールアドレス無制限
◆無料SSL「Let's Encrypt」自動更新対応
◆お問合せは24時間365日
■無料お試し期間:10日

レンタルサーバー 月額利用料 初期費用 サーバー容量 無料SSL SSL更新
X10スタンダード 1,000円×12 3,000円 200GB Let's Encrypt 自動対応

レンタルサーバー『エックスサーバー』について詳しくはこちら

③ ロリポップ!レンタルサーバー ライトプラン

ロリポップ!レンタルサーバーでのベンチマークテストでは、WordPressを利用したWebサイトにおいて、従来の環境と比較し24倍(※)のパフォーマンスの改善。
コンテンツキャッシュ機能を活用することで、これまで課題とされていたWordPressでのサイト表示の遅延解消やサーバーの負荷軽減が期待できるため、機会損失を避けたい方にもピッタリの機能です!
ロリポップ!なら、他のレンタルサーバーにはない安定した速さでWebサイト・ブログを運営できます。国内最大級の利用者数170万人の方が利用している安心・安定のレンタルサーバー 『ロリポップ!』
◆月額250円〜
◆容量50GB〜
◆WordPress簡単インストール
◆メールのお問合せは24時間365日
無料お試し期間:10日

レンタルサーバー 月額利用料 初期費用 サーバー容 マルチドメイン WordPress
ライト 300円×12 1,500円 50GB 50 1

ロリポップ!レンタルサーバについて詳しくはこちら

レンタルサーバーを選ぶポイントのまとめ

POINT2

サーバーのスペックは適切か

メモリ、転送量、Webページの表示速度などがあります。サーバーに詳しい人はそれぞれの項目を詳しくみて判断するのが良いでしょう。

POINT3

サポート体制はどの程度か

サーバーは24時間365日無休で動き続けるのを想定しなければならないため、思いがけないトラブルがいつ起こるかわかりません。運営しているサイトがもしサーバーダウンしたとき、どのようなサポート体制になるのか確認しておきましょう。

おすすめレンタルサーバーはこれ!

レンタルサーバー記事一覧

ウイルス

ウイルスの基礎知識

近年、セキュリティを取り巻く状況は大きく変わりました。ここでは、現在主流のウイルスには、どんな種類があり、どのように使われることが多いのかなどを案内します。感…

PAGE TOP