キャンペーン

Apple社2020年9月1日またはそれ以降に発行されたSSLサーバー証明書にのみ影響しますと発表。

信頼できる証明書の今後の制限について

何が変わるのか

2020年9月1日またはそれ以降に発行されたTLSサーバー証明書は、0日GMT / UTCの有効期間が398日を超えてはなりません。

この変更は、iOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOSがプリインストールされているルートCAから発行されたTLSサーバー証明書にのみ影響します。さらに、この変更は2020年9月1日以降に発行されたTLSサーバー証明書にのみ影響します。その日付より前に発行された証明書は、この変更の影響を受けません。

これらの新しい要件に違反するTLSサーバーへの接続は失敗します。これにより、ネットワークとアプリの障害が発生し、ウェブサイトの読み込みが妨げられる可能性があります。(Apple社抜粋 https://support.apple.com/en-us/HT211025)

SSL証明書の確認を

日本でスマートフォンのシェアを6割近く占めるiPhoneでサイトが閲覧できなくなるエラーが発生するため、影響は非常に大きく、ホームページやサイト管理者はほっとけませんね。

SureServer for SAKURA

さくらのSSL」最大5,500円引きのキャンペーン実施中!

Apple社の短縮が開始する前に、有効期間が「2年」のSureServer for SAKURAをぜひご利用ください!キャンペーンについては、新規申込・乗り換えキャンペーン

さくらのレンタルサーバ について詳しくはこちら

関連記事

  1. WordPressをマルウェアの脅威から守る新しいJetpack スキ…

  2. 遅いですかWordPress?早く表示するためのチェックポイント

  3. エックスサーバー。利用可能なデータベース数が無制限に!

  4. ロリポップ!リモートワークのファイル共有「ownCloud簡単インスト…

  5. ロリポップ!エンタープライズプランのスペックアップデート。

  6. Xサーバー、ログイン通知の導入でセキュリティ強化。

PAGE TOP