セキュリティ

SSLの種別の違いや、どのSSLを選べばいいかお悩みではありませんか。

サイトを運営する上で気になる「セキュリティ対策」のひとつである【独自SSL】。
無料・有料あわせて数種類のSSLがあります。

独自SSL化をしていないと、個人情報が盗まれるリスクがあります

独自SSL化をしていないと、第三者に個人情報を悪用されてしまったり、ページを改ざんされてしまうリスクがあります。また、Googleは検索結果ランキングに「httpsサイトを優遇する」と発表しており、SSL化されていないサイトはランキングが低下するリスクもあります。

サイトにあった独自SSLを選びましょう

独自SSLには無料独自SSLと有料の独自SSL(PRO)があります。
無料独自SSLは、審査がなくスピーディに導入可能でSEO対策にも対応しています。独自SSL(PRO)は、個人情報を扱うサイトに強くおすすめします。SEO対策はもちろんのことフィッシング対策、団体や企業の実在証明に対応しているため、アクセスしてきたユーザーが安心してサイトを閲覧することができます。

ぴったりのSSLは?【独自SSL診断】

ロリポップでは、無料・有料(3種類)の独自SSLを提供しています。
「どの独自SSLを申込めばいいかわからない!」という場合は、【独自SSL診断】があなたにぴったりのSSLを診断します! 質問に答えて、あてはまるものの数で診断ができます。

  1. 法人である
  2. 問合せフォームで個人情報を入力する項目がある
  3. ECサイトである
  4. 会員制サイトである
  5. セキュリティ対策に積極的に取り組む企業であることをアピールしたい
  6. SEO対策を強化したい
  7. イトシールを利用したい

あてはまる数

  • 0個 → 無料SSL
  • 1~3個 → 独自SSL(PRO):クイック認証SSLがおすすめ
  • 4個以上 → 独自SSL(PRO): 企業認証SSL・EV SSLがおすすめ

ロリポップ!SSLより抜粋 https://user.lolipop.jp/?mode=ssl

関連記事

  1. ロリポップ!レンタルサーバーより19周年記念キャンペーン開催中

  2. ロリポップ!レンタルサーバー。不正ログイン対策の設定

  3. ロリポップ!レンタルサーバー、1日あたりの転送量を緩和。

  4. セキュリティを見直して、安全なサイトを運営するWAF

  5. ロリポップレンタルサーバー!3項目がNo.1を獲得。

  6. ロリポップ!レンタルサーバーはTLS1.3に対応したセキュリティ…

レンタルサーバー記事一覧

PAGE TOP