最新情報&NEWS

WordPressのプラグイン「File Manager(6.8以前)」における緊急性の高い脆弱性について

WordPressのプラグイン「File Manager(6.8以前)」にて緊急性の高いセキュリティ上の問題(脆弱性)が確認されました。

プラグイン提供元より脆弱性対策の施された修正版「File Manager 6.9」がリリース。

機能の改善やセキュリティ強化の情報が入り次第、案内します。

「File Manager」を使用されている方は、WordPressのダッシュボードより、
修正版「File Manager 6.9」へのアップデートを行ってください。

脆弱性を確認したプラグイン

File Manager 6.8以前(2020年9月3日現在「6.9」が最新版)

脆弱性の影響

第三者に任意のコードを実行される、サイトに任意のファイルをアップロードされる恐れがあります。

対応方法(アップデート方法)

WordPressの管理ページ(ダッシュボード)にログインし、
[プラグイン]メニュー内[インストール済みプラグイン]から
最新バージョンへのアップデートを行ってください。

本脆弱性に限らず、

WordPress、WordPress関連を利用している方は、セキュリティ上の観点から、プラグイン等、全て最新版へのアップデートを行い、
プログラムを最新の状態に保つことをお勧めします。

◇詳細について(外部サイト)Wordfence

File Managerプラグインのゼロデイ脆弱性の影響を受ける70万人のWordPressユーザー
https://www.wordfence.com/blog/2020/09/700000-wordpress-users-affected-by-zero-day-vulnerability-in-file-manager-plugin/

関連記事

  1. ロリポップ!レンタルサーバーはTLS1.3に対応したセキュリティ…

  2. リダイレクトとは?サイトの転送方法。

  3. Apple社2020年9月1日またはそれ以降に発行されたSSLサーバー…

  4. Xサーバー、ログイン通知の導入でセキュリティ強化。

  5. ロリポップ!エンタープライズプランのスペックアップデート。

  6. ウイルスの基礎知識

PAGE TOP