WordPress

WordPressコンタクトフォームのスパム対策

スパムの標的になりやすい?コンタクトフォーム。スパムの被害を受ける前に「Contact Form7」や「Google」が提供する強力なアンチスパム機能でコンタクトフォームを強靱にしましょう。

Contact Form7は、「Akismet」によるスパムフィルタリングをサポートしてくれています。


WordPressには、「Akismet」のプラグインパッケージは同梱されているので、わざわざインストールする必要はありません。「プラグイン」メニューに移動して、「Akismet Anti-Spam”」を有効化するだけです。

さてもう一つは、Googleの「reCAPTCHA」。これはうっとうしいスパムボットをブロックしてくれます。

今回は、Googleの「reCAPTCHA」バージョンアップされた「reCAPTCHA v3」が公開されました。reCAPTCHA v3の最大の特徴は、画像認証がなくなったことです。

以前のバージョンは、画像認証画面が表示されて「自動車を全てクリックしてください」とか「消火栓を全てクリックしてください」という9つの画像が出来きましたが、この「reCAPTCHA v3」は画像認証画面が除外され、reCAPTCHA」のロゴが表示されるだけとなり、ユーザーのページ内での行動を把握し、BOTかそうでないかを判別してくれます。さらに、「reCAPTCHA v3」を配置したページでのユーザーの動きを学習し、利用の行動の精度が高めるところが特徴です。

reCAPTCHA v3の導入方法

GoogleにログインしてreCAPTCHAにアクセスし、APIキーを取得します

1.Googleアカウントへログインする

2.reCAPTCHAのサイトにアクセスする

https://www.google.com/recaptcha/admin/create

3.各項目を入力して送信ボタンをクリック

4.サイトキーとシークレットキーの2つのキーを取得する

WordPressに設置しているContact Form7に、reCAPTCHAを実装します。Contact Form7のプラグインがインストールされていることが前提になります。

5.WordPressサイドバーのお問い合わせから「インテグレーション」をクリック

6.画面が出てきましたら、「reCAPTCHA」のインテグレーションのセットアップをクリック

先ほど取得したサイトキーとシークレットキーを入力して、「変更を保存」をクリック

7.サイトを表示して、「reCAPTCHA」マークが表示されているのが確認できれば設定完了

関連記事

  1. WordPressの不正アクセスやWeb改ざんを防ぐ対策について

  2. 遅いですかWordPress?早く表示するためのチェックポイント

  3. お名前.comのレンタルサーバーでWordPressの2MB以上のファ…

  4. ロリポップ!レンタルサーバーハイスピードプランが新価格!月額50…

  5. WordPressをマルウェアの脅威から守る新しいJetpack スキ…

  6. WordPressでのWEBフォントの導入方法

PAGE TOP